スパゲッティの食べ方を今一度知ってもらいたい!

 ここイタリアでは、スパゲッティーを食べるときにスプーンを使わない人が大半です。スプーンを使わずとも綺麗にスマートに食べられる方法がありますから知ってほしいなと思います。

スポンサーリンク

私もやっていたスプーン使い

 イタリアに住むなんて思ってもみなかった20代前半まで私も”上品『通』っぽい”という理由でスプーンを使った食べ方をしていました。あの食べ方が日本人に浸透していった時代だと思います。

 イタリアンレストランに行けば当然のようにカトラリー籠の中にフォーク/ナイフ/スプーンが入っていて、スパゲッティを食べるときはそこにいる若者やご婦人が左手にスプーンを、右手にフォークをもって、麺をクルクルスプーンの上でからめとっていましたっけ。

 私はこの食べ方を、イタリア留学時代にもまだ続けていました。

スプーンを使わなくなった理由

 イタリア留学時代に複数の知人(イタリア人)と食事をする機会を持つにつれて、

スプーンを用いた食べ方が本場ではされていない

とようやく気付いたんです (; ・`д・´)へっ?

 食事時に出されるのはフォークとナイフのみ

 <スパゲッティーを食べるイタリア人>
 音に気を付けながらも”ずっずっ”と短いかすかな音が出ている
 フォークに巻き終わらないまま口に運ぶ
 大きく巻き付けて大口で食べる人 など様々

 そんなわけで、私もその発見以来スプーンを使わず食べるようになりました。

それでも上品に食べたい!

 音を出してすする事はイタリアではタブーだという事は日本人にも知られている事だと思いますが、長年の癖でちょっとだけすすってしまう事もありまして…(´・ω・`)

 それだと周りの知人は見てみぬふりをしてくれますが私自身がとても恥ずかしい思いを感じていていたところに、スパゲッティの食べ方について紹介していた雑誌に巡り合いました。

 イタリアでその方法を使っても目立たず気付かれないので周りから褒められることはありませんが、他のイタリア人と比べても品のある食べ方でとても気に入っているのです(失礼っ)。

 もちろん、ウチの上の娘にもその方法を教えていますよ!

巻き付ける場所を確保

最初に
『麺を巻き付ける場所の確保を!』
これが大事です!

 ポイントは、フォークをくるくる回した時に周りに引っかかるものが無い場所。 私はいつも、麺を少しどけて空間を開けた皿の隅っこにしています。

フォークに引っ掛ける

 スパゲッティの麺を器用に2,3本フォークの端(手前側)に引っ掛けます(ザクッと刺しても良いですw)

  2,3本って少なくね?と思う方もいらっしゃるかもですね。各自の口の大きさ&麺の太さに合わせて本数を変えてもらって構いませんが、巻いた後が太くなりすぎて大変にならない適量を見つけましょう~。

巻き付ける

一番最初に定めた場所へフォークを垂直に立て、
クルクル

麺山から麺を引き出すように引っ張る

クルクル

麺山から麺を引き出すように引っ張る

 この工程を、麺の端が巻き取れるまで繰り返す。

お口へ♪

 この時、思った以上に太っちょになって大口開けないと食べられなさそう…といった場合は、取る麺の量を減らして再挑戦! これで、口周りが汚れない一口サイズのスパゲッティを取ることができます。

まとめ

 イタリア人の親せきを連れての日本旅行中、入ったイタリアレストランで彼らも日本人がスプーンを使ってスパゲティを食べている姿を見ました。 見ましたが、それを特別変だとは批判しませんでした。

  なぜならば、イタリアでも上手くスパゲッティを食べられない人は存在して、そういう人はスプーンを使って食べるからだそうです。

 ”すする麺”に慣れている日本人が”すすらない麺”を食べるのは難しいだろうから、スプーン使いは納得できるよと言われました。

 確かに一理あるなぁと思った反面、
『(日本人は)すすらないとスパゲッティが食べられない』と言われているようで…

皆さん!
スプーンを使わなくてもすすらないで上品に食べられる方法がありますよ!

 と、今回の食べ方を広めたい気持ちになったのでした。

 スパゲッティを食べる機会があればぜひこの方法を思い出して挑戦してみて下さいね!
基本は『麺をフォークに引っ掛けて同じ場所で最後まで巻いていく』です。

 それではまたっ!チャオ~(‘ω’)ノ

スポンサーリンク

最後まで読んでくれてありがとうございます。
内容を気にいっていただけたらシェア(共有)ボタンを押してくれると励みになります(*'▽')

フォローする

スポンサーリンク