手縫いでもミシンでも!古着でスヌードを簡単リメイク。赤ちゃんマフラーも!

 もう着ないニットカーディガンのリメイク法を何年も探していたところ、スヌードにするのがとても簡単で早い事に気が付きました。手持ちに1つも持っていなかったので重宝しそうです。手縫いだと30分もあれば十分!ミシンだと10分もかからずにできちゃいます。

輪になっているなら何でもスヌードに

snood1

 頭からスポッと被るだけなので、ドーナツ状になっている洋服ならなんでもスヌードになります!
あとは、自分が望む生地感の古着をクローゼットから探すのみ!

 今回私はカーディガンで作りましたが、セーターだともっと工程が少ないですし、ロング丈のワンピースを使うと、もしかすれば2人分出来るかもしれません!

 では早速作り方をご紹介します。

スヌードにリメイクしよう

使った洋服

snood2

 数年前に通販で失敗したカーディガンです。
着用1年目でボタンホールがみるみる伸びていき、ボタンがスグに外れてしまうようになりました。

 これを今回スヌードにしていきます☆彡

スヌード作りの材料

・古着
・古着で使われている色と同色の糸
・ミシン、または手縫い針

・裁ちばさみ

 ■ 使う古着について
※ピタッとした服を使うと首回りに余裕のあるスヌードが出来ますが2周は巻けません

※ダボッとした感じの横幅が広い服を使うと、(頭のサイズによりますが)2周首に巻けるので、首回りが暖かいです。男性の洋服を使うのも手です☆

 服を裁断する前に鏡の前で”試しかぶり”してみるのもおススメです。
使いたい時期に合わせて服素材を選んでくださいね。

 今回のスヌードの出来上がりは、横50㎝、縦48㎝でした。これで、私にはぎりぎり首に2周巻けましたが、もっとゆったり巻きたいので子供用のスヌードになりました。

パーツを切り取る

snood3

 このカーディガンを、好みの位置で真っすぐに切ります。今回使った生地はフェルト地で”ほつれ”の心配がない為、こういう切り方をしています。ほつれの心配がある生地は、好みの位置+2㎝縫い代を取って裁断し、縫い代を内側に折って縫い留めて下さいね。

 腕部分で何か作れないかと思ったので、そこも切り落としています。
実際は1~3歳用のマフラーが出来ました。後ほど作り方を説明します!

前中心を縫い合わせて完成!

 ●前身ごろがつながっている服を使う方はココを飛ばしてください●

 カーディガンを使ったため、前中心が開いているので縫い合わせていきます。

snood4

 私は、ボタン有りスヌードを作りたかったため、ボタンを押し上げながら縫っていきました。
通常の”押さえ”ではなく、ファスナー用の押さえを使った方がボタン近くまでキレイに縫えます。

<ココ注意>

 私はゆっくりとミシン針を進めていきましたが、下手するとケガをする恐れがあるので、慣れない方はボタンを取る→ミシンで縫う→ボタンを付けなおすやり方が賢いです。
ファスナー押さえが無い方も、ひとまずボタンを取って普通に縫って、あとからボタンを着ける方が上手くいくと思います。

 これで完成です!私の首に2周巻いています。

snood5

 私が使った生地はほつれない生地でしたので、上部は切りっぱなしのままです。

 小学2年生の子供に巻いたら丁度良くふんわり巻けました。大人女性用を作る場合はもっと横幅のある古着か、ニット古着で作って1重スヌードとするのが簡単かも。

長袖部分でパーカー風マフラー

後姿がカワイイ、1~3歳の子供やぬいぐるみサイズのマフラーが出来ました。
snood9
上記のスヌードを作った工程の「パーツを切り取る」のところで切った両長袖を使います。

パーツを表と裏に

 (右写真)2つある長袖の1つを裏返し、表に見えている生地を裏と表の2つにします。

snood6

 (左写真)その後、裏側が見えている袖の中に表側が見えている袖を入れて、袖の脇を合わせ形を整えます

待ち針を打ち、ミシン

 肩周りに沿って待ち針をぐるっと一周打ち、端から1㎝のところをミシンをかけます(手縫いでもOK)。

snood7

引っ張り出して完成

snood8

 縫うと筒状になっているので、腕を入れて片方の袖を引っ張り出すと、写真右のような直角になっています。これで完成!

 コレを羽織って結ぶと、先ほどのクマちゃんのような見た目になります。

前から見るとカーディガンを羽織っているみたいで、後ろから見るとパーカーっぽい♪

 今回女性用の普通の長袖丈で作りましたが、大きい男性用の長袖古着だと小学生くらいのマフラーになりそうです。

まとめ

 裁断して直線縫いだけすればスヌードができることが分かって嬉しかったです!
早速今日から一日中、家でも付けて防寒対策に役立っています。

 先ほど自転車を使ったのですが、長めの丈で作ったおかげで耳や首後ろ、顔の半分が隠せて、冷たい風から逃れられました。唇の乾燥対策にも使えると思います。

 何かわからない事がありましたら、気軽に聞いてくださいね!

 それではまた。チャオー (^^)/

Comment