古着1枚で作ったTシャツヤーンで作品を作ってみた

使わなくなったTシャツを切り刻んで作った手作りTシャツヤーンで簡単な作品を作りました。ヤーンとは紐の事。毛糸よりしっかりしているため編み目を飛ばさず編めたり、ボリュームが出やすいので大型作品も短時間でできる魅力があります。手作りヤーンの改善点も記しています。

Googleスポンサーリンク

Tシャツヤーンを作る

 注意:この記事は昔書いたものを見やすく・理解しやすく書きなおしたものです。

 みなさんこんにちは!

 今日の記事はTシャツヤーン。

 ”ヤーン”とは紐を指すので『Tシャツ生地で作った紐』という意味合いになります。

 以前、着なくなったTシャツを紐状にする作り方を書きましたが、早速小物作りを試してみたいと思います(^◇^)

 紐なので、編み物に使う編み棒やかぎ針が使えそうですね!

 今回はかぎ針を使ったもの・使わないもので扱いやすさや手触り、風合いを比較してみようと思います♪

丸コースターの編み方

 ふわふわ、さらさらしていて、弾力があります。

 バスマットやラグなどを作ると踏み心地が良さそうです

 <材料>
 Tシャツヤーン
 カギ棒(太めがやり易い)

 私はダイソーさんのかぎ針セットを使っています。

 <作り方>

●かぎ針が初めての方は
↓こちらを参考にするととても分かりやすいと思います。

Ronique:こま編み(わ編み)静止画説明

 ぐるぐる編んでいくと目立つのが服の端処理部分
布と布のつなぎ目です。

 表側に飛び出したつなぎ目部分は、かぎ針を使って裏側へ押し込むなどすれば表からは全く見えなくなります。
その代わり裏側の見た目がキチャナイですが(;’∀’)

左)飛び出したところを押し込んでいるところ
右)作品の裏側です(;^_^Awww

つんつんオーナメントの作り方

 生地は柔らかいけれど、やさしいハリがあるので、くたっとくたびれた感じにならずウニみたいなカワイイつんつん

 <材料>
Tシャツヤーン
幅のある厚紙など

 ポンポン作りの要領と同じです。
私のように巻きすぎると太っちょになります。

<作り方>
分かりやすくカラフルな紐を使っていますがお気になさらず((+_+))

 1. 厚紙台紙にTシャツヤーンを好きなだけ巻き付け、台紙をそおぉっと引き抜く。

 2. 別で短く切ったTシャツヤーンを巻物真ん中付近でギュッ~っと一回絞り、反対側でもう一度ギュッ~と堅結びをする

 3.”輪”になっているところを一本ずつハサミでジョキジョキ切って形を整えたら完成~!

 いろいろなピアスを作りました
→古着活用!Tシャツヤーンでポンポンピアスを手作り(写真説明付き)
→古着の手作りTシャツヤーンでタッセルピアスの作り方

手作りTシャツヤーンの弱点

 見た目も可愛く、気持ちいい手触り。かつ洗濯も余裕のTシャツヤーン

 とってもとっても良いんですが、どうしても気になったことがあります。
それはズバリ!!!

 同じ柄や色に限界がある。
大きな作品を作るには、古着Tシャツヤーン1枚では全然足りない!

 Tシャツ脇のほつれ留め処理
もともとTシャツだったので仕方がないのですが、このほつれ留めが作品作りの邪魔になる事も…

 市販されているTシャツヤーン玉を使うとこれらが解消されますが、Tシャツヤーンを手作りする時点で”お金をかけずにリサイクル”がしたかった私には、市販品を買うために財布のひもを開けてしまっては本末転倒の様な気がするのです (;^_^A

↑122mあるので、大型作品も楽に出来そうなのは大きな魅力なんですが…

まとめ

  • ヤーンは簡単に作れる
  • 小物を作ると手触りが良い
  • Tシャツの脇処理が気になる

Tシャツを切るのって、やっちゃいけないことをやっているようでストレス発散になりました(笑) 作り方でわからないことがありましたが気軽に聞いてください (^_-)-☆

 それではまた!ちゃおちゃお~(*’▽’)

Googleスポンサーリンク

最後まで読んでくれてありがとうございます。
内容を気にいっていただけたらシェア(共有)ボタンを押してくれると励みになります(*'▽')

フォローする

Googleスポンサーリンク