縫い代要らずな手作り一体型布ナプキン。マイクロファイバークロスで

 一体型の布ナプキン数を増やすため、マイクロファイバークロスを使用して新しく作り直しました。いつものようにササッと仕上げています。股下スナップ位置を調整すれば、色々なショーツに使用できます。蒸れないし痒くならないし、やっぱり好き。

私的決定版!一体型布ナプキン

 私の初めての布ナプキンは、ナプキンホルダー手作りナプキンを挟んで使用するものでしたが、用を足すときに布ナプキンがトイレに落ちた事があったせいで、ちゃんと”ショーツの上にあるか”、歩いている途中で落としているんじゃないかとか、1日に何度も気になったりしたため、それ以降は一体型を愛用している今日この頃。←きっと私の作り方が悪かったんです…。

 今日は、一体型布ナプキンを素材を変えてリニューアルした話になります(オリモノ用)

材料も手間も少なく

 いつものようにさささっと作ってしまいますよ!

 材料は
薄いタオル地
他の生地
スナップボタン

 以上!!!(/・ω・)/

  私が使用したタオルはマイクロファイバークロス(もちろんタオルでもOK)です。その為か、汚れの吸収が良く、下に染みない上、手洗いで汚れを落とした時に楽に綺麗になります。参考にどうぞ!

 ※他の生地については”薄め”がおススメ。今回は手ぬぐいを使用。

作り方

1 手持ちの普通用ナプキンから型を取る(縫い代は必要なし)

POINT!

 スナップが留まるように、羽部分を長めにしておいてください。

2 タオルと布を重ねて、その上に型紙を待ち針で固定
3 適当&丁寧に布を裁断!
4 生地を重ねたまま、端をジグザクで2周縫って

 スナップボタンを付けたら完成!

 3枚作るのに1時間かかりました。スナップ付けが面倒くさい(笑)

 いやぁ…自分用とはいえ、本当に適当。

 なんですが、使い心地は凄く良い!マイクロファイバークロスが良い仕事をしてくれます。

洗濯後の渇きも良いし、全然ヘタレません。凄いです。

 ※2年経った今でも、新品同様の機能を保っています!

変更したところ

 以前作ったのは1分丈下着用だったのでスナップ位置が端っこにありました。

 今回は普通下着用なのでスナップ位置を詰めています。

 たったこれだけの違いだけれど、すんごく収まりが良くて快適です。

 寝る前に下着で家の中を歩くことがあるため、普通下着に一分丈用の布ナプを付けてたら、羽がダラ~っと垂れてて…(汗)

女として、その部分のだらしなさはどうなのか”…と。

 だから、(恥ずかしいので)旦那の目に入らないようウロチョロしていました(笑)

 改良版布ナプキンを数枚作ったおかげで、一分丈の日・普通下着の日用として使い分ければ、気兼ねなくウロウロできそうです(笑)

布ナプは使い分けています

 私はこれらを生理の日以外に使っています。

 ※2020年8月にこの記事を見直していますが、今でも同様の使い方をしています。

 2年以上続けられている一番の理由は、洗濯が簡単ということ。

コレのみ!!!

 最初はオリモノシートを買い続ける面倒くささから逃げるために作った布ナプですが、不思議と次の生理から経血の量が減り、腹痛もめったになりません。気分がブルー・下腹付近が重いのも1日目のみで、生理日数も減少したんです。

 こうなったら
布ナプのおかげじゃないの?( *´艸`)”
ってなっちゃうでしょ~(笑)

 タオルなら家にあるし、思い立ったら長さや厚みも自分好みに変えられるのも手作りの強みですよね!

 布ナプ初めての方・市販ナプが苦手という方などの参考になる記事だったら嬉しいです!

 それではまた(#^^#)
チャオチャオ~~~!

Comment