布ナプキンホルダーを手作り!コレがあればトイレに落ちずに安心

 生理用ナプキンの吸収体と呼ばれるものを布で手作りしましたが、パンツにくっついていない為トイレの際にポロッと中に落ちたらどうしようという不安が付きまといました。それを解消しようと布ナプキンホルダーを作りました。

布ナプキンを使った感想

nap14

 昨日、オリモノシートを手作りした記事を書きましたが、今日はその関連事項になります。

 このところずっと布ナプキンを使って過ごしています!

 コレを使って気付いたことは、

 取り換える回数が増えた事で以前よりデリケート部分の清潔さがUP♪

 いくら取り換えてもコスト0

 取り換える際に水洗いするとき、自分から出たものが目や手に伝わることで、そろそろ生理?/体調の変化が分かってくる

 トイレに行ってショーツを下ろすときに、布ナプキンが床や便器の中に落ちるのではないかと冷や冷やする事態が毎回付きまとう

 上記の4番さえなくなれば、もっと快適に1日を過ごせると思い、布ナプキンをショーツに固定する案を考えました。

どうやって固定するか

nap15

 <ホルダー型>
吸収体をホルダーのバンドで挟み、ホルダーの羽部分をショーツ裏で留めて固定。
布ナプキンが汚れたら、そこだけ新しいものに変えればよいのでお手軽!
洗濯も布ナプとホルダーを別々に分けられるので乾きが早い。
数枚あれば大丈夫

<一体型/内蔵型>
吸収体がホルダー内部にある/または 吸収体が入っていないホルダーだけで出来ている(ライナー用)
ホルダーから吸収体がポロッと外れることが無いので、トイレの際はかなりの安心感♪
汚れるたびにスナップの付け外しが生じる
吸収体内蔵のものは洗濯後の渇きが遅くなる
必要なナプキンの数だけ揃えなければならない

 
とりあえず早く作り終わりそうな”ホルダー型”に決めました!

材料は3つ

nap8

スナップボタン カチッと止まるものなら何でもいい
リボン
本体 すでに作ってある布ナプキンを型紙として両側に羽をプラスしたものです。ショーツへ付けた際に羽同士がきちんと交差するように裁断してくださいね!

生地を重ねる

nap9

 本体を中表(柄のある面同士を合わせる)にし、中にリボンを挟んで固定します。

 私の場合は吸収体を2つ重ねて使う事を想定してリボンを少したるませています。ここは好みによって調整してください。

周りを縫う

nap10

 端から2㎜くらいのところをぐるっと縫っていき、途中で止めて返し口を残しておきます。

完成!

nap11

 返し口から中の布を引っ張り出し綺麗に形を整えて、端から2㎜のところを縫っていき完成です。
その時に、リボンを避けて縫う(右写真)のがポイントですよ!

吸収体を増量

nap12

 昨日のオリモノシートを作った型紙で、あと6個分の吸収体生地を切りました。

面倒くさいことはせず、

そのまま端をジグザグミシン処理して終わりです。一度で縫えていない箇所があれば2周ジグザグしたりと適当に作りましたw

セットしてみる

nap13

 すみません…セットの前にスナップ付けなきゃね^^;

 このスナップ付け。久しぶり過ぎて3回くらい付け間違えました。片方を付けたら、きちっとスナップ同士が噛み合うことを確認してもう片方を付けると良いかもです(/ω\)

 リボンをもう少し中央寄りに付ければヨカッタかもしれません…
内側に付けるとリボンもオリモノで汚れてしまう気がしてビビっちゃいました(笑)

 吸収体二つ重ね付けもできました(写真右)

 後日談 本当にその通り!リボンを中央寄りにして、がっつり吸収体をホールドするようにしてください。私みたいに吸収体がトイレに落ちることがあります…。

 あと、オリモノ用なら吸収体は1枚で十分です。リボンはたるませないで大丈夫です!

まとめ

 布ナプキンを作ったことで、自分の体から出てくるものを観察するようになりました。特に色付き布のおかげで、オリモノの状態が良く分かり、自分の内側の健康状態も知れるんですもの。

 というわけで、布ナプキンにますます魅力を感じています^^

 でも市販のナプキンとも完全に手は切れず、生理日はそちらを頼ろうと考えています。

 蒸れて不快指数が上がるけれど、いつドバっと出るか分からない状態は布ナプでは不安過ぎるから(^^;

 ナプキンやオムツは燃やすとダイオキシンが発生し環境に悪いってのは知ってます。だから燃やさず埋め立てている地域があるというのも知っています。毎日世界でどれだけのナプキンやオムツが埋め立てられているのか…と考えると、なるべく使わないようにした方が良いなぁと思うんですが、まずは毎月40個くらい使っている市販ナプキンを生理時の10個前後に減らすことから始めたいです。

 それではまたっ!チャオー

Comment