手作り布バッグ。ショルダー長さ調節可でリバーシブル(前編)

 子供用に春夏用の軽いポシェットを作ったら、大人用のショルダーバッグとしても悪くない出来上がりになりました。作り方はパーツをポンポン縫い合わせていくだけなので簡単です。

オシャレバッグ

 
最近、上の娘が友達家族に誘われる回数が増えてきたので、普段ハンドバッグなんて持たない彼女に春夏用の容量大きめな斜め掛けバッグを作ろうと思い立ちました。両手が使えるので、アレもコレもしたい娘には丁度いいです(笑)

 それで、昨夜はネットで参考になる作り方&デザインを見てみましたが、皆さん凝ったものがお上手で、ズボラで早く終わらせたい私にはレベルが高すぎでした(;’∀’)

 ということで、色々とダメ出し食らいそうな作り方&内容かもしれません…

私が作ったカバンのスペック

 まず最初に、私が作ったバッグについて
口部分にゆるくゴムが入っている
表側の布にワッペンを付けている
ショルダー紐通しがカバン上部についている
ショルダー紐の長さ調整ができる
なんちゃってリバーシブル です。

 ↓それを踏まえて材料のご紹介↓

本体の表布/裏布←裏布は中袋になります
 それぞれ各一枚ずつ よこ40㎝×たて46㎝
上蓋になる布
 一枚 よこ20㎝×たて47㎝
 上蓋に付けるレースなくても可 長さ47㎝

肩紐
 よこ6㎝×たて107㎝←大人用なら127㎝~
肩紐通しパーツ
 よこ5㎝×たて8㎝
ゴム
 幅7㎜~8㎜ 長さは後で調整

 必要なら”ワッペン”などの飾り

 これで、たて20㎝・横30㎝・マチ7㎝の小ぶりバッグが出来ます。肩紐の長さは実際に使う人に合わせて調整してください。

サイズは厳密に同じじゃなくてOKです。
適当でも同じようなものが作れます(*^^)v

細かいものから作っていく

 作成順番は人それぞれですが、私のやり方は細かいものから初めて、あとでまとめてミシン作業をしていくスタイルです

 ・肩紐通しパーツ(写真は下に)
 横長長方形の形に置き、上下を折って左右半分で折って終了です。
上下の折り幅はお好みで♪ 私は上下が少し重なるように折って細目にしました。

 ・ワッペン飾り
 レースにジーンズ生地の裏面を乗せて待ち針で仮留め!この後、布用インクを使ってスタンプを押します。

 ・上蓋
 生地の真ん中に折り目を付けて、レース中心をまっすぐ合わせて乗せたらまち針で仮留め。

早速ミシン台へGO

上蓋を仕上げる

 ↓待ち針で固定してあるレースを上蓋布にミシンで縫い付け(黄色線)たら、右図のように中表(レースが内側になる)にして半分に折り曲げます。

その時、”わ”になっている方が上蓋を取り付けた際に『前側』となります。

 半分に折ったら、3辺を前から後ろ~前(↓写真の黄色線)のように縫いますが、最後は返し口を8㎝程残して終わります。

 先ほど残した返し口から指を入れて中の生地を外へ全部綺麗に引っ張り出して形を整えます。そのあと、上蓋の前~後ろ~前(↓写真の緑線)のようにミシンで縫って完成です!

上蓋をバッグ布に取り付ける

 バッグを持った時にお腹と隣り合う布側の中心に上蓋を配置します(カバン口の下6㎝)。縫い付けは上から5㎜の場所で。

 注意!!!
*上記の写真では、わざとカバン本体の布を半分(カバンの底と書いてあるところ)に折って、縫い付け位置が分かりやすいように写真を撮っています。実際は布を半分に折らずに縫い付けて下さいね。

 ↑上蓋を上にめくり、仕上げの縫い付け!
この時、縫いはじめと縫い終わりは数回返し縫いをして頑丈にしましょう。

 長くなってきたので続きは明日です!
 内容は『本体へのミシンがけ~完成』までになります。分からない事があったらコメントにお願いしますね♪

Comment