Tシャツヤーンでポンポン作りから丸・四角・扇形のピアスを作る

 ポンポン作りの要領で自作Tシャツヤーンを使ったピアスを作成!整え方を変えて丸はもちろん、菊型・四角・扇形など様々な形にしてみました。慣れると1ペア20分くらいで出来るので作り方を紹介します。

古着をアクセサリーに

 ピアス作りに使用したTシャツヤーンの原型は、数年前に買った子供腹巻。

 Tシャツヤーンに適した素材は一概には言えないのですが、『良く伸びる生地』が第一条件!今回はアクリル・綿・レーヨン・ポリウレタンという組成表示になっていました。

 この腹巻きを7㎜間隔で切って出来たのは私の手の平にちょこんと乗るくらいの玉サイズ。これでふわふわ揺れるピアスを作りました。

 では早速、作り方にいってみよ~。

Tシャツヤーンの作り方:古着・使わなくなったTシャツの活用法
工程を細かく分けてTシャツヤーンの作り方をご紹介します。TシャツヤーンとはTシャツ生地で作られた紐のことです。伸縮性あるTシャツを選びましょう。これで作る小物や雑貨は毛羽立ちが少なく、しっかりした弾力ある手触りで適度な重みが特徴です。

ポンポン作りの要領で

 作り方としては、毛糸でポンポンを作るような感じです。使うTシャツヤーンは薄くて細いもののほうが作業がしやすいです。

用いるもの
  • Tシャツヤーン
  • V字にした巻き付け土台
    ※コピー用紙や厚紙を折りたたんだものでOK
  • 10㎝くらいの紐
  • はさみ

 上記の材料でポンポンを作ったら、ニッパー、丸ペンチ、ピアスフック2個、丸ピン2本、ビーズ等を合わせてピアスにします。

土台に紐を巻く

 土台に紐を巻き付ける際に”どんなふうに巻き付けたか”をだいたいで良いので覚えておいて、もう片方も同じように巻いていくと、出来上がったときの2つの見た目が揃いやすくなりますよ。

  1. 土台のV字のところに長紐を挟み込んだら、上から紐をぐるぐる巻いていきます。紐の性格によって巻き数を調整します。
  2. V字に挟んだ長紐をV字の口側でギュッと一回堅結び、
  3. 土台をスライドさせて抜き取ったら、長紐を絞め直してもう一度堅結びします。
  4. 全ての輪にハサミを入れます
サニー
巻き数を15と20にしてみました。後で違いを比べてみます。

 ※一回目の堅結びをしっかりしておかないと、紐がスルスル抜けてしまいます。また、そこで力み過ぎると細い紐の場合は切れてしまう事があるので力加減に注意です!

大きさを整える

 ココからは好きなように形を整えていきますが、『先ほど堅結びした結び目がどこにあるかを把握しておく』こと!間違えて切ってしまわないように。

 私は半円+菊型というか、段差を付けて花びらが重なったような感じにしていく予定です。

  1. 長紐が見えないよう中央に折り込んでポンポンを潰します
  2. 上部をまっすぐ、周りを丸く切り揃え、中央に近づくほど(花びら?)を短くしようとしているところです。
  3. 花の中央から丸ピンと好きなビーズを通し、堅結びしたライン上に突き出るように挿します。挿す前に千枚通しやキリなどで、あらかじめ道筋を作っておくとスムーズに挿すことができます。

 ※2つのピアス同時並行で見比べながら作業を進めると形が揃いやすくなります。
 ※Tシャツヤーンを切り刻むときに埃が大量に出るため、気になる方はマスク着用を。

ピアスフックを付けて完成

 挿した丸ピン上部を輪にしていきます。

  1. ピンとビーズを挿した状態
  2. 丸ピン上部を7~8㎜残してニッパーで切り取ります。
  3. ビーズギリギリのところから手でピンを90度折り曲げて丸ペンチでつかみ、くるっと手首を回してピン先を丸くします。

 90度折り曲げた後に7~8㎜残してニッパーで切る順番でも大丈夫です。

サニー
輪の大きさが毎回揃うように、丸ペンチ先の使う場所に油性白ペンで目印をつけています。

巻き数の違い

 出来上がりは下の写真のようになりました。ピアスのボリュームが違うのは、土台に巻く回数を変えている為です。

 左が20回、右が15回巻いたもの。

 他の生地で作ったTシャツヤーンでもボリュームの違いを比べてみました。

 生地の厚み・幅によって、巻き数も変われば仕上がりの雰囲気も違ってきます。ボリュームが出てもピアスが軽いままなのは良い点です!

まとめ

 今回やったように押しつぶしたり、押しつぶさなかったり、丸く切ったり四角に切ったり、はたまた扇形に切ってみたり、パッ〇マン風に切ってみたりと、様々な形を作れるのが気に入っています。

手作りTシャツヤーンでタッセルピアスを作りました
Tシャツヤーンの活用法としてタッセルを作り、それにアクセサリーパーツを付けてピアスにしました。使うヤーンは細目がおススメです。写真を写真を多く用いて説明するよう変更しました。長さや色を変えたり・混ぜたり、ビーズやチャームを追加するとバッグにも着用可能です。

 私がTシャツヤーンを自作する場合、袖や裾などの目立たない場所の生地を10㎝紐状に切って、引っ張ったときに紐の両端がくるっと丸まるかどうか確かめるんですが、ココで使った生地は、両端が丸くなって元に戻るタイプのモノでした。

 それでも、こうやって柔らかい雰囲気を残した紐として使う事が出来るので、古着を捨てる前に生地チェックをして、使えそうなものはTシャツヤーンにするようにしています!

 それではまた!ちゃお~

Comment