子供でもできる。台座付き金具にカボションを乗せて手作りヘアゴム

 透明で半球状のカボションというパーツを台座付き金具の上に乗せて、オシャレなヘアゴムを手作りします。ボンドで付けるだけなのであっという間に子供でも簡単にできるのが魅力です。シュシュより見た目がスッキリで大人っぽく、8歳の娘はヘビロテしています。

カボションと台座を使う

 皆さんこんにちは。
ただいま、私の中で子供へのヘアゴム作りが過熱中です(笑)

 しかし、シュシュを作っても上手く使えないらしく、結んでもすぐに落ちる…と文句を言うんです。

結び方下手なだけじゃん!
せっかく作ったのに…ヽ( `皿´ )ノキー

 つまり、8歳の娘にはギューんと良く伸びる裸ゴムの方が使い易い様子。

 それなら、台座付き金具を使って裸ゴムを可愛くしちゃいましょっ!

準備

用意するもの

・カボション
・台座付き金具
・ゴム
・ボンド

 透明カボションはそのままでも素敵ですが、マニキュアを乗せたり、お気に入りのデザインを貼り付けたり、シールを使ったりすることでもっと可愛くなります。

写真の透明カボションは直径12mmです。

 次に台座ですが、大きさはカボションと同じものを選びましょう!

 淵のある台座だと、ビーズやラメなどを入れてレジン液で硬化することもできます。

 猫・ハート・ひし形などの台座を使う場合、これらは専用カボションが見つかりにくい為、主にレジン液を使って型にビーズ・ラメ・ドライフラワーといったものを入れて中を埋めていきます。2,3層にすると奥行きが出て凄く可愛いくなります。

早速作ってみる

 直径25mmの柄付きカボション台座・ヘアゴム・ペンチ・ボンドを用意しました。
ペンチは、ヘアゴムを台座に固定するときに使います。

hairacc
ポイント

  ヘアゴムはしっかり堅結び(2本一緒に結ばない)して下さい。ほどけないか適度に引っ張った後にゴム端を切り落とします。

台座にセット

 台座裏の留め具中央に、ゴムの結び目が来るよう配置します。この時、留め具内側金属にも使用できるボンドを付けておくと強力にくっつくのでおススメです!

hairacc1

 それからペンチで慎重にギュッと数回バランスよく挟みます。

 何度も開け閉めするとポロッと壊れるので注意しましょう!!!

カボションをつける

 ひっくり返して台座の表側にボンドを少量付けてカボションを貼ります。ボンドが乾いたら完成!

hairacc2

 ※ここでもボンドは必ず、金属・ガラスOKのものを使用してくださいね。

注意!!!

 何度も言いますが、
台座はカボションと同じサイズになるように慎重に選んでください!

hairacc3↑既にゴムが付いているのは作業が楽になって良いですね!

まとめ

 シュシュも可愛いんですけど、金属台座を使ったコンパクトなヘアゴムも大人っぽくて素敵!

 工程の少なさとしてはとても簡単で、小学生にもできる手芸です
折り紙や布を使って好きな柄を切り抜く作業も楽しいですよ!親子で作るのも良いですね。

hairacc4

 それではまたっ!ちゃお~(‘ω’)ノ

Comment