長ズボンをベストへリメイク(パーツ切り取り編)!写真付きで説明

 夫のジーンズを娘140㎝用のボタン無しベストへリメイクしました。ズボン片足の周囲が、作りたい人の”背中の幅”より大きければ作れる方法です。リメイクする前に長さを確認してくださいね。

お股が破れたジーンズ

gilet

 ウチの夫ってお尻が大きいんです。
それでダボッとしているものを愛用しています。

 買った当時はダボッとしていたのに、近頃パツパツしてきたなぁと思ったら先日破けてしまいました!しかも、お股部分www

gilet3

 ”補強しようか?”と提案したけれど、捨てる…と言うので、娘のボタン無しベストを作ってみました。

 ズボン片足の周囲が、着せたい人の背中幅より大きければ製作できます。

付け根から適当に切り取り

 とりあえず、足の付け根部分から切り取ります。

gilet4

足部分二つの内

一つは後ろ身頃(背中側)
もう一つを前身ごろ(胸側)

として使います。

リッパーで糸ほどき

 ズボンの脇の縫い目をよく見ると、縫い目が見えている方見えていない方があります(左写真)。

gilet5

 後ろ身頃に使うズボンの”縫い目が見えていない方”だけをリッパーで切り開いていきます(右写真)。前身ごろは触らずに!

布を裁断

 このベストを着る本人のカーディガンを型紙の代わりに使いました。
(写真↓はジャケットですが、これだと型が取りにくかったので変更しています)

 『それじゃやりにくい』という方は、以下と同様の方法で一度新聞紙などに型紙を写し取ってください。この方が失敗が無くておススメです。私はズボラなので、この工程を省いてしまいました…。

後ろ身頃

 後ろ身頃は、リッパーで解いた方のズボンを使います。ズボンの脇の縫い目を背中中心にしたいので、このまま使います(下の写真の黄色のラインの部分)。ちなみに、ズボンの裾もそのまま活かします。

 カーディガンを背中中心で半分に折り、ジーンズの脇の縫い目と合わせ、そのまま待ち針で固定し、カーディガンをよく見ながら丁寧にぬいしろ1㎝の外周をチャコペンで描いて裁断!

 着る人に当ててみて、もっと袖を深くしたいなどの改良点があれば、この時点で修正します。

gilet6

前身頃

 (写真無しですが、後ろ身頃とほぼ同じ要領)

 残っている片足ジーンズの上に、ボタンを外したカーディガンの前身ごろ部分を置きます。このときズボン両脇部分に掛からないようにして下さい。こうすることで、前身ごろ2枚分を一気に抜くことができます。もし両脇に掛かるようなら、前中心側を折り曲げて細身にしましょう(ボタン無しのベストなので、前身ごろは細くて良いという考えです)。場所が決まったら待ち針で固定します。

 縫い代1㎝の外周をチャコペンで描いて裁断します。

※気を付けたいこと!

 出来上がったパーツを仮に組み立て、前後で同じ”脇の長さ”や”肩幅の長さ”になるよう調整しました

 きちんとした型紙を使っていなので、ここのグダグダは仕方ないね(^^;

裏地をつけるなら

 ベストに裏地をつけるなら、いま切り取った後ろ身頃/前身ごろを使って型を取ると簡単!
全く同じ大きさにすればいいだけだから。

 私は薄めの生地で裏地を取りました。

 取り付けたいポケットやタグ等)があれば用意しておきます。
私はジーンズのポケットを拝借しましたよ↓

ジーンズのポケットを使う

 (写真左)リッパーで、ズボン脇の糸をちまちまと切り、
 (写真右)ベルト通しの縫い付けもせっせと切って…

gilet7

 前身頃と同じ幅・ウエストぎりぎりのところをズボンから切り離しっ!中に隠れているポケット生地を切ってしまわないようにね。

出来上がりはこんな風になります

肩部分を縫う

 前後身頃の肩部分のそれぞれ表側を合わせて、縫い代1㎝を考慮しながら両肩分縫います。

gilet9

 裏地を使う方は裏地の肩部分も同様に縫い合わせておきましょう。

見返しを作る

 (作り方を知っている方は飛ばしてください)

 見返しとは、首~襟部分の””に使う布です。首周りを補強したり、見栄えを良くしてくれます。

 

 今回長さが足らず、5パーツのつぎはぎになりました。
表に出ない布なのでOKですが、左右の前中心2枚+首後ろ1枚の合計3パーツで作った方がキレイです…。

 長さは、前身頃裾から襟後ろを通って、もう片方の前身頃裾までカバーするくらい、幅は10㎝の適当な布を準備しました。

 前身ごろの裾~後ろ身頃~もう一方の前身ごろの裾の下に、見返し布が少し見えるように置きます。

 ②③待ち針で下布と固定し、身頃に沿って線を引きます。

 待ち針を外し、身返し布に描いた線に沿って切り取ります。

gilet12

 先ほど書いた線と平行になるように後ろ6㎝辺りにもう一つ線を書いていき、それを切り取って完成です。

gilet13

まとめ

 お疲れさまでした。
とりあえず、パーツ取り編が完了です!

 私はブランド名が付いた革タグなどリッパーで丁寧に取りました。
後でベストに付ける予定です。

 明日、パーツを繋げていく記事を書きますね。

長ズボンをベストへリメイク(パーツつなぎ編)!写真付きで説明
夫のデカジーンズを身長140㎝の子供向けベストへリメイクした作り方の後編です。袖ぐりを深めにすると小柄女性でも着れるくらいの大きさになりました。工程は自己流ですので、作業しやすいように変えてもらって構いません!

 分からないところは気軽に質問してください。
それではまた~!チャオっ(^◇^)

Comment