低身長さんに嬉しい意外と簡単に出来た手作りガウチョパンツ(後編)

身長が低いと市販のガウチョパンツでは裾が長すぎて買うのに躊躇する方もいるのではないでしょうか。今回紹介している工程が少ないハンドメイドのガウチョパンツだと好きな丈で作れるのでおすすめです。ウエストがゴムになっているので脱ぎ着が簡単!

前回の続きの後編となります

 前回は、必要な材料~ズボンの形にするところまでを写真付きで紹介しました。興味あるけどまた見てないよ!って方は是非ご覧になってくださいまし~。

低身長さんに嬉しい意外と簡単に出来た手作りガウチョパンツ(前編)
長方形の布をザクザク縫っていくだけで、簡単にガウチョパンツを手作りできます。丈の長さを自分の好みに調節できるので着やすいです。前・後ろ身頃を気にしない作り方だけどタックで腰回りがスッキリしています

 では、早速続き。

タックを入れてミシン固定

タックは要らないという方は、ココを飛ばして次の工程へ♪

 私はお腹側とお尻側の左右にそれぞれタックを2つずつ、計8個入れます。

 タック位置を決めたら、クリップや待ち針で仮留めして、端ギリギリ(↓黄色線)にミシンをかけて固定します!

 私は、平ゴムが巻いてあった厚紙などを利用してタック位置や幅を決めています。これだと裁縫道具入れにいつでも入っているし、定規より早くておススメ!

腰ベルトをつける

 腰ベルトをつけていきますよ!

 (左写真)腰ベルトの片方の縦端を1㎝幅の三つ折りにし待ち針で固定。

 (右写真)ベルト布の横をズボン布と中表に合わせて、ウエスト周りにぐるっと沿わせながら待ち針で仮留めします。

終わりは、始まり部分を2㎝通り過ぎたところ(黄色線)で切ります。

ミシンで固定

 ベルトを縫い付けていきますが、写真がないためイラストで説明しますね。イラストのピンク線はベルト生地、青線はズボン生地を表しています。

 前工程で仮留めしたウエスト周りを縫い代1㎝で縫います(黄色線)

 縫い終わって腰ベルトを上にめくりあげたら、アイロンをあてておくと次がやり易いです。

腰ベルトを半分に折る

 上記の図解で示した通り腰ベルトを上にめくりあげたら、上部を1㎝内側に折り曲げ、次に半分に折り待ち針で仮留め。

 これがウエストゴムを入れる場所になります。

アイロンでプレスすると出来上がりがキレイです。

 私は7㎜幅のゴムを2本入れるようにしました。

 ↓そのあと黄色線部分をぐるっと一周縫って、ベルトをズボンに固定します!

ベルトにステッチ&裾

 下の図のような間隔をあけてミシンで縫い、1.5㎝の場所へゴムを2本同時に通していきました。

 最後は裾を3つまたは2つ折りしてミシンで縫ったらできあがり!

お疲れさまでした(^_-)-☆

着てみた

 腰で履くと着心地は悪くなかったです♪

お股部分が目立つのでもっと股上深めに改良しなきゃ(笑)

 写真のように首周りが開いたゆったりトップスと相性が良いのか、この全体のバランスが気に入りました。それにヒール靴を合わせたところ、なかなか大人っぽくて良いじゃないですか♪

 試作だったので、色々と雑に作ってしまいましたが春夏にいっぱい着たい一着になりました~!

まとめ

 手作りガウチョは自分好みの着丈に作ることができるので何とも快適!!!

 股下の長さを気にしながらお買い物しなくても良いのでストレスフリーです。

 今回の作り方だと、必要な布が少ない
皆さんもお試しあれ~、

 写真多めに解説していきましたが、不十分なところもあるかと思います。
分からないところがあれば気楽に下のコメント欄にてお知らせください。
それではまたっ!ちゃお~(‘ω’)ノ

Comment