スリットをギャザー寄せの布で覆う方法(試作)

ずぼん内股の糸を解くと出来る深いスリットに、裏側から別布を縫い付けるとスカートへ変身させることができます。この別布にギャザーを寄せて見た目の凝ったスカートを作るべく、素人なりに試行錯誤しながらやってみました。

Googleスポンサーリンク

出来上がったスカート

 前回お披露目した、ワイドジーンズをスカートにしてみたリメイク記事。

 そこですっ飛ばしていた”ギャザー寄せ布をスリットに縫い付ける方法”を説明します。

 こんな感じ↑でギャザーがドキングしてある服を持っていれば、”付け方のコツ”が分かったのかもしれませんが、何もなく…。

 ネットで検索しても目的のものが見つけ出せず…。

 とうとう一人で無理やりやってしまったという感じなので、『こういう風にした方が良いよ』という意見があるのは百も承知

 その時は、具体的な方法を教えて下さると助かります<(_ _)>

スリットに仮留め

 スリットとギャザー寄せした別布をミニチュア版で用意しました(見えているのは表側・スリット端1㎝折り返してあります)

 ①両方ともひっくり返し、スリットの折り返し部分とギャザー布端を表側同士が重なるようにして待ち針で仮留め(黄色破線丸)

 ②ギャザーが寄ってる部分も待ち針で固定する。少し、(写真の)手前側に引いて仮留めすると、スリットが隙間なく覆われます

 ③表側から見て不具合がないか確認。

 問題なければ、②で打った待ち針だけ外しておく。

ミシンをかける(1回目)

 ④スリットの折り返した部分を開いて、(布が2枚のまま)仮留めした場所をミシンで縫います。

今回はミニチュアなので手縫いで。

両端縫い終えたとこ(右)

 ⑤ギャザーを寄せた縫い目(黄色破線丸)がスリット1㎝上部(薄ピンク楕円)に来るように仮留め。

※白破線はギャザーを寄せたの縫い目の位置

 ⑥表側から見て不具合がないか確認。

 気になった赤矢印部分を内側に折り込んだりしながら、理想的な見た目を意識して整えていきます。

 裾に近づくほど折り込みを少なくしてみました。

ミシンをかける(2回目)

 いよいよ本縫い!
表側に糸が見えるようになるのでドキドキ

 ⑦スリット重なりが下側になる布からミシンをかけます。

 縫い始めはスリット頂点の数センチ上部から

 スリット頂点に付けてあった待ち針を外すと、元のスリット位置が分からなくなる可能性がある為、他に数か所待ち針を刺しておきます(赤い矢印)。

 縫いにくいけれど、上手く布を広げながら縫い進めていこっ!

 ⑧スリット上側の布にもミシン。

前回リッパーで糸を解いた股上から、ダダダっと裾まで一気に縫い合わせます。

 本来なら、ジーンズに使用されている糸と同じ色を使うのが良いはずだけど、私は無視して黒色でミシンをかけちゃった。

 良く見なきゃ分かんないです(笑)

出来上がり

 裏側はこんな風

 ギャザーが寄っているところは布が重なりすぎるとミシンが進めなくなる可能性があるので注意!!!

 重なりが少なくなるよう調整したり、薄手の生地を使う方がストレスなく縫えます。

 と、ココまで書いてきましたが、やっぱりやり方がド素人ね…(;’∀’)

 もっと良い方法を知っていらっしゃれば何かアドバイス下さい、是非!!!

 それではまた~。
チャオチャオ(^^)/

Googleスポンサーリンク

最後まで読んでくれてありがとうございます。
内容を気にいっていただけたらシェア(共有)ボタンを押してくれると励みになります(*'▽')

チビ女子リンクユニット
Googleスポンサーリンク