手縫いでもミシンでも!古着でスヌードを簡単リメイク。赤ちゃんマフラーも!

 もう着ないニットカーディガンのリメイク法を何年も探していたところ、スヌードにするのがとても簡単で早い事に気が付きました。手持ちに1つも持っていなかったので重宝しそうです。手縫いだと30分もあれば十分!ミシンだと10分もかからずにできちゃいます。

スポンサーリンク

輪になっているなら何でもスヌードに

snood1

 頭からスポッと被るだけなので、ドーナツ状になっている洋服ならなんでもスヌードになります!
あとは、自分が望む生地感の古着をクローゼットから探すのみ!

  今回私はカーディガンで作りましたが、セーターで作ればもっと簡単ですし、ロング丈のワンピースを使うと、もしかすれば2人分出来るかもしれません!

 では早速作り方をご紹介します。

スヌードにリメイクしよう

使った洋服

snood2

 数年前に通販で失敗したカーディガンです。
着用1年目でボタンホールがみるみる伸びていき、ボタンがスグに外れてしまうようになりました。

 ですから、ボタンホール以外は毛玉もなく綺麗な状態だったのです。
あぁ~、リメイク用にとっておいて良かった( *´艸`)
もう、ボタンホールに悩まずに済みそうです☆彡

■ 用意するもの ・古着
・古着で使われている色と同色の糸
・ミシン、または手縫い針
・裁ちばさみ
■ おススメの古着
  • ピタッとした服を使うと首回りに余裕のあるスヌードが出来ますが2周は巻けません
  • ダボッとした感じの横幅が広い服を使うと、(頭のサイズによりますが)2周首に巻けるので、首回りが暖かいです。男性の洋服を使うのも手です☆

  服を裁断する前に鏡の前で”試しかぶり”してみるのもおススメです。
使いたい時期に合わせて、厚め・薄め×幅広・幅狭などの服素材を選んでくださいね。
私のスヌードの出来上がりは、横50㎝、縦48㎝でした。これで、ぎりぎり首に2周巻けます。

パーツを切り取る

snood3

 このカーディガンを、ボタンが始まる横一直線でまっすぐに切ります。

  腕部分で何か作れないかと思ったので、そこも切り落としています。
(切り口をこのように斜めにすると可愛い仕上がりになります)
それで1~3歳用のマフラーが出来ましたよ。後ほど作り方を説明しますね!

前中心を縫い合わせて完成!

 ●前身ごろが割れていない服を使う方はココを飛ばしてください●

snood4

 今回カーディガンを使ったため、前中心が開いているので縫い合わせていきます。
スヌードが出来上がったときにボタンが無くてもいいって方は、縫合わせる前にボタンを取ってくださいね。

 私は、ボタン有りスヌードを作りたかったため、このような縫い方になっています。
通常の”押さえ”ではなく、ファスナー用の押さえを使った方がボタン近くまでキレイに縫えます。

<ココ注意>

 私はボタンを指で押し上げてゆっくりと進めていきましたが、ケガをする恐れがあるので、
ボタンを取って→縫って→付けなおすやり方が賢いと思います。
ファスナー押さえが無い方も、ひとまずボタンを取って普通に縫って、あとからボタンを着け直しましょう。

  これで完成です!

snood5

 私が使った生地はほつれない生地でしたので、上部は切りっぱなしのままです。

 セーターなど、ほつれる生地を使う方は、上部の端一周を布と同色系の糸でジグザクステッチをかけた方が良いと思います。
手縫いの方は裾を二つ折り・三つ折り(生地の厚さ・見た目に合わせて)、またはコチラ↓のブログに記載されている方法が使えると思います。
ジグザグミシンがないときの端始末
手縫いじゃなくても、この方法は使えそうです!

長袖部分でパーカー風マフラー

後姿がカワイイ、1~3歳の子供やぬいぐるみサイズのマフラーが出来ました。 snood9 上記のスヌードを作った工程の「パーツを切り取る」のところで切った両長袖を使います。

長袖パーツを表/裏に

snood6

 超大事
2つある長袖の1つを裏返し、表に見えている生地を裏と表の2つにします。
その後、裏側が見えている袖の中に表側が見えている袖を入れて、袖の脇を合わせ形を整えます

待ち針を打ち、ミシン

snood7

 袖周りに沿って待ち針を布端から1㎝のところにぐるっと一周打ち、脇部分からミシン(手縫い)!

引っ張り出して完成

snood8

 縫うと筒状になっているので、腕を入れて片方の袖を引っ張り出すと、写真右のような直角になっているはずです。 これで完成です!

  コレを羽織って結ぶと、先ほどのクマちゃんのような見た目になります。
前から見るとカーディガンを羽織っているみたいで、後ろから見るとパーカーっぽい♪

 今回女性用の普通の長袖丈で作りましたが、男性用の長袖古着を使ったり、2種類の袖を使って長くしたりとアレンジも可能です。

まとめ

 裁断して直線縫いだけすればスヌードができることが分かって嬉しかったです!
早速今日から一日中、家でも付けて防寒対策に役立っています。

 先ほど自転車を使ったのですが、長めの丈で作ったおかげで耳や首後ろ、顔の半分が隠せて、冷たい風から逃れられました。唇の乾燥対策にも使えると思います。

 何かわからない事がありましたら、気軽に聞いてくださいね!

 それではまた。チャオー (^^)/

スポンサーリンク

最後まで読んでくれてありがとうございます。
内容を気にいっていただけたらシェア(共有)ボタンを押してくれると励みになります(*'▽')

フォローする

スポンサーリンク