無印良品の泡で出るハンドソープボトルが家族にとても高評価!

 イタリアでは全く普及していない泡のハンドソープ。経済的・詰め替え簡単・デザインがシンプルと良いところ尽くしで家族全員愛用中です。詰め替えはイタリアの液体ソープを代用しています。

スポンサーリンク

ずっと欲しかった泡が出るボトル

 今まで全く不満もなく使っていた液体ハンドソープですが、数年前に日本のCMか何かで泡が出てくるものを見てからなんだか不思議と惹かれてしまって、とうとうこの前の日本滞在中に無印良品のものを購入しました。

 100円ショップのダイソーやセリアでも売られているようで、実家にはダイソーのものが!
タダで使用感を試すことができラッキー(笑)

 全体評価としては悪くなかったですよ!

 なのに、どうしてダイソー商品の4倍の値段もする無印良品のボトルを選んだかというとですね…

ズバリ!!!

・使ってい行くうちにダイソーボトルには不具合があるという記事を読んだ
・万が一、イタリアでダイソーボトルが壊れたらショック過ぎる

という理由なんです。

 イタリアは日本みたいに便利な国じゃなくてですね、「〇〇壊れた/切れたから、ちょっと100均に/コンビニに行ってくるわ」が出来ません。

 なので、読み漁ったブログ記事でどれも評価の高かった無印良品のものを選んだ訳です。

 実際に比べてみると、無印の方がポンプを推した時の手ごたえがしっかりしていて、ボトル本体の厚みも頼りがいのある感じでした

さっそくイタリアで試してみる

 あ、、、店頭でお買い上げになるときの注意ですが、液体ハンドソープの詰め替えボトルも横並びに並んでいるので、”泡タイプ”と書いてあって、ソープの出口が横に広いものを必ず選んでくださいね!

厳重注意っす!!!

 商品詳細はコチラから!
→ ¥1,900以上で基本配送料無料/無印良品 PET詰替ボトル 泡タイプ クリア 400ml用

イタリアの液体ハンドソープ

 無印には、このボトル専用の詰め替えソープが売ってありましたが、同じ”液体”なら『麺つゆ』や『白だし』の方が私にとっては有益なので、それは買わず(笑)

 イタリアのスーパーで売ってある液体ハンドソープを薄めて作ることにしました。

 ネットで得た情報だと、原液を10倍に薄めて作るという事でしたが、それは日本での話。

 イタリアの液体ハンドソープじゃ、どんな結果になるのか分からないので、慎重にちょびっとだけ入れて試してみます。

 決して、「間違って作っちゃったら使い切るまでに時間がかかって、次がなかなか作り始められないから…」という訳ではありません。

 そこに、適当にハンドソープの10倍より少なくミネラルウォーターを加えます。
泡の出が悪かったら、更にミネラルウォーターを少しずつ加えていく計算で!
(本当は”ピュアウォーター/蒸留水”という、薬局に売ってある水が適しているらしい)

<水道水はダメ?>
 とくに気温が高い季節に水道水を使って薄めると、水が早く腐りやすくなるのでやめた方が良いという記事をどこかで読みました。
ミネラルウォーターも同じことだというのも書いてあったのですが、とりあえずウチの最初はこのまま進めることにします。

ゆっくり混ぜる

 混ざれ~~~と思ってジャカジャカ容器を振ると余計な泡が沢山出来てしまうので、ここは気長にユラユラ容器を傾けながら混ざるまで待ちましょう~。

ポンプを押してみる

 いざ、ポンプをシュコシュコ押すと…

 憧れの泡が出てきて感動~!

やったぁぁ!
イタリアの液体ハンドソープでも出来た(#^^#)

 だけど、ちょっと泡がゆるいみたい…。

 仕入れた情報通り”原液を10倍”になんて薄めていたら、もっとベチョッとしていたのかも。

 そこで、もう少し原液を加えてユラユラと液体に馴染ませていくことに。

 すると、ほらっ!

 立ち上がるモコモコ泡が出て来たよ~!

使ってみた感想

いつまでもヌルヌルせず洗い流しが簡単
子供の力でも押せるポンプ
一度に使う原液の量が少ないので経済的
(実際4人家族で普通に手を洗って、この時のものが一か月持ちました)
ポンプを外す時に下の細い管にハンドソープがまとわり付かないので、ぽたぽた落ちることなく素早く詰め替え作業ができる↓

まとめ

 イタリアじゃまだまだ珍しい泡タイプのハンドソープなので、お客様や子供の友達が遊びに来て手を洗う事があるときには、ちょっと話のタネになります。

 「ウチにも欲しいなぁ」と言れて、「次日本に行くときに買ってきてあげるね」とは言いますが、次の予定は2年後…(汗)
その時まで、彼女たちの「欲しい」気持ちが続くかどうか(;^_^A

 なんにせよ、このボトルがウチにやってきてまだ1か月ですが、いまだに泡で出てくると「うわっ!(#^^#)」っとなる自分が気持ち悪いくらいに乙女です(笑)

 それではまた!ちゃおちゃお(^^)/

スポンサーリンク

最後まで読んでくれてありがとうございます。
内容を気にいっていただけたらシェア(共有)ボタンを押してくれると励みになります(*'▽')

フォローする

スポンサーリンク