派手な服の着こなし法を知って「眺めているだけ」を脱出

 一目ぼれした派手服、若いころに着てたけど年齢が合わなくなってきた派手服など、タンスのインテリアになってしまっている”眺めて満足”服を着まわすコーディネートを考えてみます。派手な部分の一部をチラ見せすることを基本に挑戦してみました。

Googleスポンサーリンク

派手な服とは

・色が奇抜
・ハイデザイン柄が服全体にプリントされている
・キラキラしている
・一歩間違えるとダサくなる

 など、派手服には多様なカテゴリーがあります。

 買ったはいいが着まわし術が分からなくて、眺めているだけという方って、結構いるのでは?
それとも、着回しが出来ない派手服は絶対に買わないという方もいるでしょう。

ハムちゃん
フリフリは好きだけど、ハデ柄は苦手かなぁ

 今日は、そんな派手服をクローゼットの外に出してやるべく、手持ちの服をとっかえひっかえしながら似合うコーディネートを探してみます。
皆さんの派手服の着こなし参考になれば嬉しいです。

私の派手服

hade

 昔々、私がフレッシュな社会人のころ、店内全部の商品に一目ぼれした”vivienne tam”というブランドと出会いました。
どの洋服も『中国風+妖艶な雰囲気』で、完全に一目ぼれでした。

 お値段も2,3万は当たり前って感じのブランドです。

 今回は、この洋服を使います。
よしっ! いっぱい使いまわしたるでぇー(*´з`)

ピンクのノースリーブニット

 ノースリーブなので、冬は必ず長袖インナーが必要です。
首周りが深いインナーを使って、ノースリーブニットの襟デザインを邪魔しないようにします。

hade2

(左)灰~黒系でまとめる

 ノースリーブニットのピンクを引き立てる為に、はっきりとコントラストの違いが分かる黒ジレを羽織りました。

 そうすることで、前の中心部分にだけ派手ピンクと刺繍が見えることになります。
後ろやサイドからはほとんど見えません。

 インナーに黒を使わなかったわけは、黒が上半身に多いと重い見た目になるからです。
手持ちに黒しかない場合には、袖を上あげて7分袖にしたり、下半身の黒色をやめてグレーに変えたりと、黒の範囲を小さくする方法をお勧めします!

(右)茶系でまとめる

  ノースリーブニットがピンクなので、系統が近い色でまとめてみました。
インナーには、スカートと同じ”モカ色”を使っています。

 ジャケットなので、前ボタンを留めれば中のピンクニットは見えなくなります。裾部分にちょこっと見え隠れするくらい。

 反対に、ジャケットを脱げばノースリーブニットが丸っと見えてしまいますが、インナーやスカートと近い色なので”浮く”こと無しにうまく馴染みます。

オレンジ系スカート

 メインはオレンジで、刺繍にグリーン・黄色・ピンク・白が使われているスカートです。
それらの可愛さを消さないよう、トップスにはシンプルなデザインと色使いのものを使います。

●白ニットを合わせてみる

hade1

 白ニットだけだと上半身がぼやっとしているので(写真左)、引き締め役としてネックレスや付け襟ファーを持ってきました。

 ベースが優しい雰囲気なので、それをさらに強める色使いのものを選んでいます。
腰回りに細ベルトをユルッと着けても◎!

●チャコールグレーのドルマンニット

hade3

 濃すぎるグレーだと、オレンジと主張しあって可愛くありません!

↓合わせる色のアドバイス↓

 主張色×主張色
→ それらの効果を抜く効果があるアイテムをプラスする

 ■ 例えば、先ほど紹介したピンクニット×黒のジレで合わせたコーデです。
『袖を黒にせずグレーにした』、『パンツをグレーにした』という例が”主張色同士の効果を抜く”につながります。

  ということで、チャコールグレーを選びました(*’▽’)
これだけだと真冬は寒いので、インナーに同色またはワントーン落としたグレーを使うと良いですね。

 首元にアクセサリーを置かないままだと、見た目の重心がスカートになってしまい、スタイル良く見えません。

ということで、上半身の高い位置に目を引き付けるアイテムを置き、スカートだけに注目させないようにしました。

●赤色のニット

hade6

 この場合の赤色×オレンジは、先ほど述べた主張色×主張色です。

 だから、これだけだとやっぱり”濃い”ですね(笑)
これに、抜け効果として白パールのネックレスを置きました。

 首元が華やかになって、可愛らしくなりました。
黒の小さなショルダーバッグを持てば、春の青空の下でお出かけ…に似合いそうです☆

 まぁ、それでもまだ派手だと思う人は沢山いるでしょう。

  ということで、もう一工夫!!
上からすっぽり白ニットをかぶせました。

hade4 これによって、赤ニットは編み目の隙間からチラチラ覗く程度になり、主張色の赤が大幅に減りましたよ!
こういう方法でも良いですね。

まとめ

 派手服の使い方について書きましたがどうだったでしょうか。

 派手な柄ものでも試せればよかったのですが、あいにく手元になく…。
でも、基本は一緒だと思います。

 チラ見せ、縦見せが出来れば、服のコーディネートがますます楽しくなるんじゃないかな♪

 皆さんのお役に立てた記事だと嬉しいです。
それではまた!チャオー(‘ω’)ノ

Googleスポンサーリンク