軽い布ショルダーバッグを手作り!なんちゃってリバーシブル(後編)

 8歳の娘用に布製ショルダーバッグを作りました。大人が持っても可愛いので兼用で使えますよ。ポイントはバッグ口のゴム使いと紐の太さ&上蓋の両面使いです。これによってリバーシブル使いも可能になります。

スポンサーリンク

軽いのに容量のあるショルダーバッグ

 今回作っているサイズはおチビ女子にピッタリの小ぶりバッグですから、布の量が多くなくて経済的です。 前置きを書くと長くなるのでさっさと昨日の続きに行っちゃいましょう~w

本体布2枚それぞれにミシン

 ↓バッグ本体の布・中袋2枚ともをそれぞれ中表に合わせて半分に折り、両脇を縫い合わせます。
(これがバッグの形になりますから折る方向を間違えないように!)
 *中表とは→布の表側同士を合わせること

 ↓ポイント↓
バッグ底になる全ての”カド”をミシン目を切らないようにザクッと少し切り落とします。
*こうすることで、角が綺麗にひっくり返せるようになります。

できあがった袋2枚を合わせる

  ↓今度は、上の工程で出来上がった2枚の袋中表に合わせて上部を揃えて待ち針ON。

 ★1つの袋の中に、もう1つを入れる形になりますよ!
(ココを間違うとかなりの痛手ですから、不安な方は下の写真を参考にしてくださいね)

 ↓上手く待ち針を打てたら、下の図のピンク丸枠のところ(布と布の間)にそれぞれ一つずつ肩紐を通すパーツを下向きに差し込み、待ち針で留めなおします。

 その後、返し口を8㎝程開けて上部から5㎜のところをぐるっと縫います。
*完成後の綺麗な見た目の為、返し口は上蓋が縫い付けてある付近にすることをおススメします。

返し口から布を引っ張り出す

 上記で縫わずに残しておいた”返し口”から指を入れて、布をたぐり寄せて外側へ引き出し、形を整えて待ち針を打ちます。
先ほどの紐通しパーツがぴょこっと上向きに出てきました!

ゴム通し口を2㎝開けて縫う

 ↓先ほどの返し口が空いているのを利用して、その部分2㎝を残したまま上部から5㎜のところをぐるっと縫います。
私は返し口を変なところに付けてしまったので、下の写真の2㎝残す場所は参考にしないように( ;∀;) 前述のとおり、お腹側になる上蓋付近が理想です。

もう一列縫う

 ↓使おうと思っているゴム幅とゴム通しの大きさを考慮しながら、きちんとゴムが通せる幅+αをあけてミシンをぐるっと一周かけます。この時も上蓋付近から縫い始めると見た目がキレイなバッグになります!

ゴムを入れて緩さを調整

 ↓それぞれお持ちの紐通しグッズを使ってゴムを通します。
バッグの口周りは、中身が取り出しやすいように緩めがイイです!

 ↓大きさを調整したら両端のゴムをしっかり持ったままゴムを切って、両端を縫い付けてつなげます。

  ↓開いている2㎝のゴム通し口を閉じて本体は終了!

 肩紐通しパーツに、最初に作った肩紐を通して長さを調節し結べば完成です!
お疲れさまでした。

まとめ

 全体的な見た目は下記写真の通りです。
紐の長さは使う人によって調整可能なところも気に入っていて、娘の成長に合わせられるので長く使えそうです。

 また、紐通しパーツをバッグの前後に1つずつ付けたので中袋の赤色が奥から少し見えているのですが、それも個性だと思って納得しています。

 ↓リバーシブルになるのか検証(右写真)

 そして(左写真)…マチを付けるべく底を折って、外からも中からも縫い目が分からないように手縫いで縫い付けてみました。コロンと丸っこい形になって可愛かったです

 分からない事があったら遠慮なくコメント欄にて聞いてください!
それではチャオ~(∩´∀`)∩

スポンサーリンク

最後まで読んでくれてありがとうございます。
内容を気にいっていただけたらシェア(共有)ボタンを押してくれると励みになります(*'▽')

フォローする

スポンサーリンク