一枚の服を何通りにも楽しむ付け襟の簡単な作り方 服に合わせて型紙取り

 いつも着る服は無地が多いので、デザインの入った布で簡単な付け襟を作って変化を楽しみたいと思います。合わせる服によって首周りの形は違うので、合わせたい服から自分で型紙を取る方法を試しました。パールやビーズで装飾してオリジナル襟を楽しみましょう。

スポンサーリンク

付け襟は2タイプ存在

collo10

 上記のような2タイプがありますが、今回は二つとも作りました。

 でも、中からつけるタイプは、着なくなったシャツをハサミで切っただけのものになります。
colloo  あとで、左右の脇にゴムバンドを付けてズレにくくする予定です。
シャツのえり部分を自作するとなると、今の私には無理そうだったので避けました。
期待していた方、ゴメンナサ~イm(_ _)m

 ということで、今回は”上からつけるタイプ”の作り方を説明します。

作ったのはコレ

collo0

 作った後に、襟部分にパールを縫い付けました。
これがやっていくうちに”あそこにも、ここにも足した方がバランスよくなるね”と、どんどん増える…

  病み上がりの頭に細かい作業はムリらしく、途中から頭痛がしてきて片っぽで力尽きました(=_=)

早速作り方

 私はVネックを使いました。お好みの服でお試しください!

  大きくまとめると

  • 首周りの型を取る
  • 布を切り取る
  • 縫う×2回 ですが、

 面倒くさいわぁ…って方は、市販のものも可愛いですから覗いてみて下さい↓

 ビジューやビーズが綺麗に左右対称に付いていて、しかも服の中からつけるタイプ&ズレにくくする紐付きです(∩´∀`)∩
今回自分でパール付けをしたことでその苦労が凄く分かるから、このお値段ならむしろ買った方が良いかもと思っちゃう…。 ↑写真右のパールボタンが付いているタイプ、可愛いですね♪

首周りの型を取る

 みなさんに伝わりやすいように色画用紙を使って説明をしています。 ご家庭では身の回りにあるもので型紙を作ってくださいね…|д゚)

紙を縦半分に折って開き、折り目を付けます

 付け襟をつける服の首回り部分を出来るだけ平らにして、

 首回りから先ほどの紙を入れて形を整え、左右どちらかの首周りの型をフリーハンドで半分ぐるりと写します。
注意紙の折り目と、首周りの中心をきちんと合わせて下さいね。

紙を取り出し、最初に折ったときと反対に紙を折って線どおりに切り取ります。

 切り取った部分は、
Vネックを使えば→しずく型
Uネックを使えば→まる型になっているかと…。

襟の型紙を取る

もう一枚紙を用意して縦半分に折り、先ほどできた型の中心線と重ねます。

 型がズレないようにしながら理想とする襟のデザインを半分だけ描き、紙を折って切り抜きます。
フリーハンドなので多少ヨレヨレになりますが、切るときにキレイにつないでいけば多少修正できるので気にしない(^◇^)!

 襟の型紙が出来ました!!!
この時点で実際に首に巻いてみて、どんな具合か試してみることをおススメします。

 ポイント
幅広い襟の方が、この後の工程の”返し口から布をひっくり返す”際にやり易いし、合わせられる服が多くなります。
紙からはみ出すくらい大きめデザインが良い方は、コピー用紙を足りない部分に追加してセロハンテープでつなげて襟の型紙を取るか、新聞紙などの大きな紙を使うと良いですね!

 私は首周りが広いものと狭いものを作って比べてみる事にしました。

collo2

布を切り取る

 布に”わ”を作り、同じ型紙で2枚生地を切り取ります

collo3

 <緑の点線>
布に””を作って折り曲げ、その”わ”に型紙(半分でOK)の首後ろ中心を合わせて型紙を布に写します。

 <水色の線>
その周りに5㎜以上の縫い代を取ったものです。この線で裁断します。

余談ですが、布が足りず…

collo6

 花柄の方は布をつぎはぎして作りました。つぎはぎは薄めの生地がおススメです。

縫い合わせる

collo4

 先ほど切り取った2枚の布の表同士を合わせて(中表)待ち針で固定し、ぐるっと一周手前8㎝まで縫い合わせます。
縫い残し8㎝が次で大事な返し口になる為です。

 カーブが緩やかな首後ろから縫い始めるのががイイかと思います。

 布を返し口から引っ張り出す前に、カーブになっているところはミシン目を切らない程度に数か所切れ目を入れておくと、布返し後にごわつきません。

完成

 布を裏表ひっくり返し、端から2㎜のところをぐるっと一周縫って出来上がり。

collo5

ビーズやパール・紐やリボンを付けてデコるのも可愛いですね!

collo7

  ヒント
このままでは襟が軽くて、服の上にポンと乗せるだけではかなり頼りないので、小さな安全ピンを使って内側から服とつなぐとズレません。
他に良い方法があったら教えてくださ~い!

試着

collo8

 Vネックのセーターに合わせました。普通に可愛いです

collo9

 首元広めのトップスには、栗型の付け襟を合わせました。首元が春らしくなってイイ感じ~

まとめ

 首元のオシャレにはスカーフやネックレスを使うのが私のやり方でしたが、付け襟も可愛いなぁと思いました。

  今回作った上から服に置くタイプはそのままだと動いている内に洋服から浮いてくるので、襟幅を広くして作るか、小さな安全ピンを使う必要があります。しかし、中からつけるタイプは手間いらず&ゴムバンドを付ければ簡単にズレなくて便利そうだなぁと…。
気力があるときにそちらも試作してみようと思います!

 それではまたっ!ちゃお~(‘ω’)ノ

 *商品の値段や画像は、記事を掲載した時点のものです。
クリックをして下さっても、セール期間が終わったり、売り切れなどで商品リンクに正確に飛ばない/値段が違っている場合があることをご了承くださいませ。

スポンサーリンク

最後まで読んでくれてありがとうございます。
内容を気にいっていただけたらシェア(共有)ボタンを押してくれると励みになります(*'▽')

フォローする

スポンサーリンク