簡単!Tカミソリを使っても”すね”を赤くしないムダ毛処理

 秋冬は上手く隠せていた脚のムダ毛。暖かくなると生脚を出す機会も増え、ムダ毛がゆらゆら…。カミソリ派に落ち着いた私の”毛穴がぽつぽつ赤くならない”処理の仕方を公開します。たった一手間ですからお試しあれ。

Googleスポンサーリンク

ムダ毛処理法の遍歴

 女性を40年もやっているので、ムダ毛処理も色々試してきました。

 若い頃はムダ毛を一本一本引き抜く髭剃りみたいな機械を使ったり、”はちみつワックス”という粘度の高い液体をすねに塗って、専用のシール(?)みたいなものを貼って一気にベリッと剥がしたり、紙やすりみたいな商品でムダ毛をくるくる擦るとチクチクしない…なんてモノを買ったり。

 大変ですね、女って・・・(;^_^A
でも結局は、女性用のTカミソリに落ち着きました。

簡単だし、痛くないし、低コスト
年に数回の事なので、私の場合はこのくらいで良いです。

私の脚のムダ毛

  毛スペックとしては『毛は細いけれど量はある』って感じです。

 だから、ムダ毛処理をしないと夏は目立ちます(;^_^A

 こんなに暑い日が続く5月下旬にも関わらず、バレないかな…とムダ毛処理をしてない冬仕様のまま、数回ひざ丈スカートでお出かけしたことがありますが、ベンチに座ったときは正面・横に座っている男性に対してさすがにこっぱずかしい思いをしました(;’∀’)

 そして、ジーンズで出かけるのも汗ばむようになったので、もう逃げてばかりはいられないと、今年初のムダ毛処理をすることに!

主人から向けられる目も痛いですし…(/ω\)

使う道具

ハンドクリーム
新しいTかみそり
ハンドソープや石鹸

  ハンドクリームは保湿さえできればどんなものでも良いです!
安くてドバっと使えるもので◎マルっ◎

  ちなみに、この緑のボトルはダイソーさん購入のもの。

 透明のボトルは逆三角形になっているので液体ソープが底の頂点に溜まり、最後まできちんと使えるようになっています!

 世の中のポンプ式の全容器がこんな風になれば、使い残しが激減してイイですよね(^_-)-☆
コレをひらめいた人、すごい!

①保湿

 最初にハンドクリームをムダ毛処理する部分に刷り込んで1~2分ほど放置します。

これが、カミソリ負けで剃り跡を赤くしない大事な秘訣

*年齢のせいか、クリームが染み込む染み込む(笑)

②石鹸を泡立てる

 ①で塗ったハンドクリームが乾いているかと思うので、手に水を付けてパシャパシャ叩くように脚に付けてあげます。
こするとクリームが流れてしまうのでダメです!!

 そしたら石鹸を泡立てて脚に塗ります~。

③かみそり

  最初は毛の流れに沿って膝から下へ滑らせるようにジョリジョリ。 そのあと必要であれば逆方向から♪ *ギュッとカミソリを強く押さえつけて剃ると脚を怪我しますから優しくね。

 洗い流したら綺麗なおみ足の完成です!

  今までは毛が邪魔していたのに、光の反射がつるっとピカピカでまぶしい(笑)

ついでにペディキュア

 気分が上がったので足の爪のオシャレ

 使うのは数年前に買ったダイソーさんのマニキュアたち。発色が良いので好きです。

 ドットを作る道具もダイソーさんで購入です。かなり小さいドットが描けます。

ベースを塗って色を重ねる

 ピンク色は2度塗りで↓こんな発色になります。

  ドット棒を使うと、小さい爪にも沢山描けます(参考までに少量で試しました)。

まとめ

 足の肌がすべすべは気持ち良いですね(#^^#)
足を出してスカート・キュロットを履くのが堂々とできます!
足が太いのは仕方ないのでコレは無視w

 いつもこれで居られたらいいのですが、もって2週間でしょうかね。
またやる気を出してジョリジョリしなきゃ(笑)

  夫の”サル”発言も上手にかわすことが出来るようになりましたが、女性としては、すね毛に触れてほしくないものですw

 皆さまも、色々な部分のムダ毛にお気をつけあそばせ^^
それではまた!ちゃお~~~!

Googleスポンサーリンク

最後まで読んでくれてありがとうございます。
内容を気にいっていただけたらシェア(共有)ボタンを押してくれると励みになります(*'▽')

フォローする

Googleスポンサーリンク